夕香のココだけの話


  • 青山姉妹へのお問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

HOME > 夕香のココだけの話

夕香のココだけの話

ビジネス電話検定「実践級」係員という仕事

 

 

昨日、文部科学省後援ビジネス電話検定実践級の面接試験が行なわれました。

 

私は、昨年この実践級に合格し、検定優秀賞をいただきました。

 

そのご縁があり、今年から実践級の係員という仕事をさせていただけることになったんです。

 

本当に光栄だなと思っています。

 

 

 

 

文部科学省後援で、財団法人実務技能検定協会主催のビジネス系検定は、5つあります。

 

 

1、秘書検定(青山は、3級、2級、準1級、1級と何度も筆記で落ちましたが3年かけて制覇!)

 

 

2、サービス接遇検定(これは、1級一発勝負にかけ、見事1度で面接も合格!2カ月ひたすら勉強しました)

 

 

3、ビジネス電話検定(これは、A級の筆記試験が合格していなければ実践級を受けられないため、ふたつとも合格しています。しかも!全国の中から選ばれ、検定優秀賞受賞♪)

 

 

4、ビジネス実務マナー検定(2級合格、1級筆記合格!!ですが、面接に都合で行けず、また1級筆記から受けることに・・・。3回落ちてやっと合格できたのに・・・。)

 

 

5、ビジネス文書検定(正直、まったく興味がなく、一度も受験していません。テキストも見たことがありません。でも、来年に向け、3、2,1級に挑戦してみようと思っています!)

 

 

 

 

電話は、顔が見えない分、とても難しいと思います。

ですが、訓練次第でスキルアップが簡単にできる分野でもあります。

 

 

昨年私の審査をしていただいた先生から今年に入ってから「係員の仕事をお願いできませんか?」

と、ご連絡をいただいたときはとっても嬉しかったです。

 

勉強して、努力って報われるものなんだなと思いました。

また、もっともっともーーーーーっと勉強しなきゃ!とも思いました。

 

 

 

 

係員は、受験者の方がいらしたときの受付応対と、審査会場への誘導、課題を覚えていただくなどの指示をします。

 

会場に早くから駆けつけ、準備や設営をします。

 

受験者さんが一人でも多く普段の力が発揮できるお手伝いという仕事です。

 

係員のお仕事に慣れてきたらもしかしたら審査員のお仕事ができるかもしれません。

 

一所懸命頑張って、早く一人前の審査員として活躍できるように努力します。

 

 

 

 

今回、ご一緒させていただいた同じく係員のS先生は、サービス接遇において北海道では知らない人がいないくらい

 

とってもとっても有名な、また、キャリアの長い先生です。

 

ご一緒でき、たくさんのことを教わりました。素晴らしい出会いに感謝です!

一覧に戻る

アーカイブ

  • 青山夕香 仕事の実績について ボイスサンプル付き
  • 千景のオイシイ話 BLOG
  • 青山姉妹へのお問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら